ヒューマンエラーへの対策は?

query_builder 2023/06/09
コラム
3

どれほど気を付けていても、人が原因で起こる失敗をゼロにするのは難しいでしょう。
しかし対策を講じておけば、ヒューマンエラーを減らすことは可能です。
そこで今回は、ヒューマンエラーへの対策について見ていきましょう。
▼ヒューマンエラーへの対策
■2人以上で作業を行う
1人で作業をしていると、ミスがあっても気付かないことがあります。
「間違ったやり方を正しいと思っていた」「ミスを見落としていた」といったことが原因です。
このようなヒューマンエラーを防ぐには、2人以上で作業を行うとよいでしょう。
一緒に作業を行うほか、経験と知識が豊富な人に最終確認をしてもらう方法もあります。
2人以上で作業することによって、ミスに気付ける状態にしておくのが目的です。
■こまめに伝達をする
大勢の人が働いている職場に多いのが、伝達が行き届いていなかったために起こるエラーです。
ミスの原因を探ると「知っていると思っていた」「誰かがやっているはず」といった声が出てくるでしょう。
日頃から情報を共有するためこまめに伝達を行い、周知することがヒューマンエラーを回避するポイントです。
■1人で判断しない
自分が下した判断が間違っていたために、その後の仕事がストップしたり、やり直しをしたりすることもあります。
少しでも判断に迷ったら、上司に相談することが重要です。
普段から「判断を迫られた場合は誰に相談するか」を決めておくことが、ヒューマンエラーの対策につながります。
▼まとめ
ヒューマンエラーを防ぐには「2人以上で作業を行う」「こまめに伝達をする」「1人で判断しない」といった対策方法があります。
長野を拠点に鉄筋工事を手掛ける当社では、ベテランのスタッフが必ずサポートについて作業を行います。
未経験の方も安心して働ける環境を整えておりますので、ぜひご応募ください。


NEW

  • 男女問わずで鉄筋工事の正社員を募集しています

    query_builder 2023/06/20
  • 手に職をつけるメリットは?

    query_builder 2024/06/01
  • 社会保険の加入条件とは?

    query_builder 2024/05/15
  • 事務職の種類は?

    query_builder 2024/05/01
  • 資格取得支援制度のメリットとは?

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE