手に職をつけるメリットは?

query_builder 2024/06/01
コラム
45

「手に職をつける」という言葉がありますが、どのような意味を持つのでしょうか?
今回の記事では、手に職をつけるとはどのような意味なのか、どのようなメリットがあるのか、解説していきます。
「これから手に職をつけて働きたい」とお考えの方も、ぜひチェックしてみてください。
▼手に職をつけるとは?
手に職をつけるとは「安定して仕事を行っていくためのスキルや資格があること」です。
「特定の会社に依存せず、自身で稼げる力を持つこと」といった意味で使われることもあります。
▼手に職をつけるメリット
■安定して働ける
万が一勤め先の会社が倒産してしまっても、手に職があれば再就職しやすいでしょう。
スキルによっては、独立開業も目指せます。
■学歴に依存する必要がない
例えば大企業では、有名大学の卒業が入社する条件となる場合もあります。
しかし手に職をつけていれば、このような学歴による制限がなくなり、将来の仕事の可能性が広がります。
■収入が増える
手に職があれば、自身の力で収入の額を増やしていけます。
勤続年数や役職などによって、給与額が左右されにくくもなります。
▼まとめ
手に職をつけると安定して働くことができ、学歴に依存せず高収入も目指せるでしょう。
長野県小諸市の『株式会社東建社』では、鉄筋工事に関わる職人や事務員の求人を行っております。
「手に職をつけたい」という方にもぴったりの職場ですので、建設業に興味のある方はぜひご応募ください。

NEW

  • 男女問わずで鉄筋工事の正社員を募集しています

    query_builder 2023/06/20
  • 就職活動で成功するコツ

    query_builder 2024/07/03
  • 手に職をつけるメリットは?

    query_builder 2024/06/01
  • 社会保険の加入条件とは?

    query_builder 2024/05/15
  • 事務職の種類は?

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE